離婚はベテラン女性弁護士の事務所、さかきばら法律事務所へ
離婚・養育費の無料電話相談
離婚の新判例情報
相続の法律知識

離婚・法律相談の事なら、女性弁護士事務所のさかきばら法律事務所へ。東京都千代田区

さかきばら法律事務所 ご挨拶

さかきばら法律事務所は、離婚・DV・慰謝料・財産分与・親権・養育費・面会交流など、家族の事案とセクシュアルハラスメント等女性の権利に関する事案を得意としています。所属弁護士は全員女性です。離婚に関する裁判例や裁判・調停実務は刻々と変わります。家事事件に精通した弁護士が最新の的確な専門情報を提供いたします。
blog「さかきばら法律事務所の窓をあけて」


2017.11.16
今月もGender and law 更新しました。裁判例は4件、有責配偶者からの離婚請求を認容した原判決を変更して棄却した上、不貞相手に対する慰謝料を一部認容し賠償額を増額した札幌高裁平成28年11月17日判決、父が別居中の母に対し監護者指定及び子の引渡しを請求した事案につき、17歳の子の意思は尊重されるべきであるとしつつ、子の福祉を害する母の監護環境は看過できぬ程度に至っているとして申立てを認容した福岡家裁八女支部平成28年11月30日審判、子が特別支援学校進学にあたり療育手帳の取得が必須であるにもかかわらず、親権者が応じないため、審判前の保全処分として親権者の職務の執行を停止し、職務代行者が選任され(千葉家裁館山支部審平成28年3月17日)、本案として親権停止が認められた千葉家裁館山支部審平成28年3月31日、複数回電子メールを送信するなどした行為について、ストーカー規制法違反が成立すると判断した原判決に事実誤認がありストーカー規制法は不明確な刑罰法規で違憲無効であると主張した控訴を棄却した東京高裁平成28年8月3日判決。三成美保編著『教育とLGBTIをつなぐ 学校・大学の現場から考える』青弓社と、神津志万『国会女子の忖度日記 議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』徳間書店を取り上げた書評もアップしています。
http://genderlaw.jp/


2017.10.19
今月もGender and law 更新しました。裁判例は4件、日本人間の子の扶養料の支払いを命じたカリフォルニア州判決について為替レートの変化による公序違反の主張が退けられ執行判決が認められた東京高裁平成27年5月20日判決、養育費の支払いを命じたイリノイ州判決について執行判決が認められた東京高裁平成27年5月20日判決、抗告人から相手方への未成年者の仮の引渡しを認めた原審を取消し、申立てを却下した東京高裁平成27年2月26日決定、妻が夫を被告として提起した離婚訴訟について訴状等による主張内容が夫の名誉を毀損するものであったとして、夫が妻に慰謝料等の支払を求めた事案において、請求を棄却した東京地裁平26年7月18日判決です。ほかに、書評は「結婚差別の社会学」、映画評は「ブルーム・オブ・イエスタディ」、「三里塚のイカロス」。今月もお楽しみください!
http://genderlaw.jp/


2017.9.28
 有田芳生さんのツイートを名誉毀損だと在特会の設立当初の会長であった桜井誠こと高田誠氏が訴えたという事案について、9月26日の東京地裁の判決、画期的でした。
 判決は、一歩踏み込んで、在特会や桜井こと高田氏の様々な言動を、昨年施行されたヘイトスピーチ解消法のいうヘイトスピーチであると認めました。
 また桜井こと高田氏の著書につき原告は在日コリアンが我が国において享受している特権が不合理であることを正当に批判したもので、ヘイトスピーチとは無関係と主張しましたが、判決は、桜井こと高田の著書は、在特会や行動保守の主義主張や活動理念と趣旨を共にするものであり、その活動を理論的に支えていることから、その活動に際し行われた差別的言動と無関係ではない、として、この点も原告の主張も斥ぞけました。
 有田さんのツイートが原告の活動ないし言動を批判するものであることは、一般の読者に判別できる。また、在特会の設立当初の会長等の原告の役割や影響力、原告の有田さんに対する批判等の表現にも鑑みると、原告は一定の批判は甘受すべきであった、とし、有田さんのツイートは意見ないし論評の域を逸脱するものではない、としました。
 ヘイトのターゲットにされている方々、カウンターの方々に励ましとなる判決です。また、ガイドラインを模索する法務省や条例を検討する自治体にも、大いに参考になるはずです。
 当事務所の打越さく良弁護士も、有田さんの弁護団の末席に加わりました。
http://digital.asahi.com/articles/ASK9V5RX0K9VUTIL037.html


▼▼過去のTOPICSを見る▼▼


離婚相談

さかきばら法律事務所は、離婚など家事事件のエキスパートです。
病気と同じで、不安をもたれたら問題がこじれない内に、なるべく早めに弁護士にご相談ください。

「離婚の新判例情報」には最新判例を随時追加していますのでご参考に。

GALには女性に関係の深い法律や判例(離婚・労働・DV・セクシュアルハラスメントなど)を満載しています。