離婚はベテラン女性弁護士の事務所、さかきばら法律事務所へ
離婚・養育費の無料電話相談
離婚の新判例情報
相続の法律知識

弁護士費用

基準 さかきばら法律事務所報酬基準(詳細は事務所に設置)によります。以前の弁護士会の報酬基準とほぼ同内容です。相談時に遠慮なくお尋ね下さい。
下記のような種類があります。
相談料 18時まで 30分 5,400円
18時以降 30分 6,480円
日曜祝日(例外的にお受けする場合があります) 30分 6,480円
(いずれも消費税込)
着手金 代理人として事件を受任する際の費用です。
報酬 事件終了時に、結果と手数等を勘案して決まります。
日当 遠くの裁判所等へ出張する際に必要です。
手数料 訴訟など継続する事件とは異なり、書面の作成など、1回で終了する事案の場合の費用のことです。
実費 事件の処理には、印紙、郵便切手、各種謄本取得費用、鑑定費用など諸雑費が必要です。事件によって異なりますので、委任時に担当弁護士にお尋ね下さい。

離婚事件の着手金・報酬について

離婚事件は、離婚自体、親権の決定、面会交流の可否など金銭に換算できない紛争部分と、慰謝料、財産分与など金銭請求の部分をあわせもちます。
事案ごとに、真の争点、解決のための見込み所要時間、裁判所管轄による移動時間等が大きく異なりますので、相談時に個別に決定させていただいています。

一般民事事件の着手金、報酬について

民事の一般事件の場合、着手金は請求する経済的利益の額を、報酬は解決により得
られた経済的利益の額を基準として算定します。目安となる標準額は以下の表のと
おりです。ただし、いずれも、難易度、所要時間、手数等を考慮し、標準額を30%
の範囲で増減額する場合があります。

一般事件の着手金・報酬の標準額の例 消費税8%を含む
経済的利益の価額 着手金 報酬
600,000 108,000 103,680
1,000,000 108,000 172,800
2,000,000 172,800 345,600
3,000,000 259,200 518,400
5,000,000 367,200 734,400
10,000,000 637,200 1,274,400