離婚はベテラン女性弁護士の事務所、さかきばら法律事務所へ
離婚・養育費の無料電話相談
離婚の新判例情報
相続の法律知識

過去のTOPICS

2020.11.27 <年末年始のお知らせ>
当事務所は、年内は12/28(月)まで、年始は1/7(木)からとなります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


2020.9.18
夫婦別姓訴訟(2次)の広島高裁判決が9月16日に言い渡されました。結論は請求棄却ですが、通称使用には限界がある、女子差別撤廃委員会からの度々の改正勧告は重く受けとめるべき、国会は選択的夫婦別姓の導入を切実に求めている人々の声にも謙虚に耳を傾け、真摯な議論を行うことが期待されている、といった言及もありました。
10月20日、23日と東京高裁の判決が続きます。少しでも時代や国民意識にあった判決内容になっていくことを期待します。


2020.9.14
2020年9月9日、法務省の「養育費不払い解消に向けた検討会議」の中間とりまとめが公表されました。取決めを促進する離婚届用紙の見直し、法テラスの援助の強化、自治体と弁護士会が連携した支援取組みの構築などがあげられています。公的機関等による代替取立など制度的課題については、今後積極的に検討するとのこと、この勢いで進めてほしいです。
http://www.moj.go.jp/content/001328241.pdf


2020.7.17 夏季休業日のお知らせ
当事務所では、8月13日(木)及び8月14日(金)は、夏季休業日とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。


2020.5.29 お知らせ
現在、コロナウイルス感染拡大防止のため、事務所の勤務体制を縮小しております。
本来の開所時間にお電話のご対応ができない場合がございます。ご理解下さいますようお願い致します。


2020.4.1 お知らせ
3月末をもちまして、在所していました鈴木ルミ子弁護士が退所・移籍致しました。
新たな場所での活躍を、事務所一同、応援しています!


2020.1.28
養育費を受け取れないひとり親家庭の困窮を防ぐため、国が立て替える制度の創設に向け法相が勉強会を設置する方針を固めました。両親が離婚した子どもが経済的な不利益を被らないよう、関連法の改正や法整備の検討に入るとのことです。養育費を取り決めても支払われないケースも多く、養育費の確保は喫緊の課題でした。実効性のある制度の創設が望まれます。
https://www.sankei.com/affairs/news/200124/afr2001240002-n1.html


2020.1.15
東京都が、養育費の受け取りを支援する制度を新年度から開始予定です。ひとり親世帯が民間保証会社と契約し、養育費の支払いが滞った場合に、保証会社が養育費を立て替え、相手から債権を回収することになります。都は保証会社に支払う保証料の半額を補助するそうです。ひとり親世帯の困窮防止につながることを願います。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011202000130.html?fbclid=IwAR1ssEp_800v4IzQnkKrxdfU4GhaRkT-sx9vgCRc139zLZxH2DElFIXzgH0


▼▼2019年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2018年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2017年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2016年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2015年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2014年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2013年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2012年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2011年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2010年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2009年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2008年のTOPICSを見る▼▼

▼▼2007年のTOPICSを見る▼▼